shinjuku-PTA

西村雄一さんロングインタビュー《学生編》

広報誌125号同窓生シリーズには載せきれなかった、サッカー国際審判西村雄一さんのインタビューです。
第一弾は懐かしい新宿高校時代《学生編》をおとどけします。

2010年10月26日 都立新宿高校校長室 
座談会出席者  西村雄一さん
        篠田校長先生
        霧生先生
        小口先生
        PTA役員
        広報委員
        サッカー部員

<今日は新宿高校PTAの広報誌、同窓生シリーズの記事のためのインタビューです。
よろしくお願いします。>

西村雄一さんロングインタビュー《学生編》 (画像 1)

(広報誌を見ながら)実は私、駒沢競技場からすぐのところに住んでいるんです。「そういえば新宿高校体育祭、ってなんか見たぞ?」って(笑)。
僕、在学中体育委員長だったんです。
体育委員長って今は3年生までやってますか?僕の代から「球技大会3年生がいないと盛り上がらないので」ってことで、任期が3年まで延びて、2期やりました。

運動会も全部、企画からやってたころで、学年が9クラスっていう、めんどくさい学年だったんです。4色とかができないんですよね。色対抗をはずして、うちの学年のときにはやったりとかして。
僕らのときにはまだ運動会は校庭でした。道路に面しているほうに校庭があって、プールがあって。今校舎がある所が校庭でした。甲州街道から学校に入るってことができない時代でした。グラウンドは面しているんですけど、ネットだけで。
出入りは、HISのあたりから細い道を入って、入ったらすぐ朝陽会館があったんです。見ていないので今どうなってるのかわからないんですが。
<一応、門はあります。閉じていますが>

それで、同じようにピロティがあって。僕らのときは、外に出ていく、扉に囲まれていない吹きっさらしのピロティで。あの、新宿御苑の天然記念物の高い3本の樹が、どの校舎からも真正面に見えているような感じでね。
<今も、ここからちょうど見えます>
テニスコートがあって、こちら側のグラウンドではサッカー部、野球部、ラグビー部が兼用してましたね。公式の試合もできました。ほかに、ハンドボールのコートもありましたよ。結構広かったんでしょうね。体育館もそれなりの広さがありましたし。体育系の部活動は盛んにやっていたほうだったと思います。

校舎はずっと横に長いんです。僕らはIクラスまであったんですね。9クラスだから。ひと学年1フロアに収まらなくて、視聴覚室を使っていました。雨が降ったら、運動部は普通に廊下でガンガンにトレーニングをしてましたよ。長くとれるから、走ったりね。今は7階って、上に伸びたんだなと思いました。僕らは4階までの校舎で。古いけど、歴史を感じるような校舎でしたね。
そのときにはまだ、伝統の先生っていうのがいて。そういった歴史のある先生たちにも囲まれてて。先生と生徒の触れ合いが、近い学校だったっていうのが、すごくこう、記憶にありますね。体育教官室にけっこう僕は入り浸りで。行事が目白押しなので。
朝陽カップ?でしたっけ、年間通してなんかやっていませんでしたっけ?バッジをかけて
。<「校長杯」ですね>
「校長杯!」校長杯は、僕らのときにもあって、球技大会・体育祭・もう一回球技大会があるのかな。マラソン大会。合唱コンクールも入れて…
<今は、合唱コンクールは入っていないんです>
僕らのときには、文化系も入っていないと公平ではないいうことで、合唱コンクールも入れて、年間かけてやってましたね。で、その校長杯のバッジのデザインを公募して。生徒のデザインしたバッジのデザインで、争って、で、勝ったクラスにはのバッジがもらえるので。校章よりもけっこう、なんていうかステイタスがあって(笑)年間かけて、行事に向けての連帯感がありましたね。合唱コンなんかやるとこう、クラスの一体感が高くなって。男女協力して、っていうのがありましたね。文化祭だけはどうしても、点数のつけようがないものなので、外さざるをえなかったんですけど。
僕は2回とったのかな?学年の勝利クラスに渡しているので、僕はうまく2回もらえたんですよ。
文系クラス、理系クラス、ってあるんですか? 僕のときには、それで男女比がくずれちゃったりするんですよ。
<今は女子のほうが多いんです> 
そうなんですか?僕らのときは、理系クラスの方が男子が若干多くなったりしてましたが。

体育祭運営とかは、全部生徒でやっていましたね。体育祭、球技大会運営なんかは全部。先生方には種目に出て盛り上げてもらうって形でした。そんな感じのときでしたね。
(卒業アルバム見ながら)写真見たら、懐かしいなぁ。プール大会、ってありますか?
<今はないです>
 水泳大会もありました!得点になりました。
<今、背泳ぎでインターハイクラスの子がいるので、今あったら西原君のクラスが優勝かもしれないですね〜>
だいたい、そのくらい(行事が)ばらけると、だいたいクラスの誰かが脚光を浴びれるというか、そういったところはやっぱりあったので、いつも足の速い人だけが、なんてならないようにいろいろ考えて…。

西村雄一さんロングインタビュー《学生編》 (画像 2)

体育祭も校庭でやってましたからね。駒沢じゃありませんでしたから。
放送部が盛り上げてくれてね〜。新宿体操!あれは僕やってないんです。体育委員長はやらなくて、あれは体操部がやるんです。当時は体操部があったので、「体操部がやらずに誰がやるんだよ」ってうまく口説き落として、やってもらいました。僕は人前で踊りたくなかったので(笑)。
(アルバム、部活のページを見ながら)サッカー部は、僕らの学年には4人しかいなかったんです。結構抜けちゃったみたいなんですよ。僕も1年生の時しかやっていなかったんで。
<西村さんは駒沢FCでずっとやっていた?> 
 そうです。僕は駒沢サッカークラブの登録の関係があって、1年生のときにだけ「学校でサッカーやってみる」といって駒沢をいったん抜けて、新宿高校に登録して1年間出させてもらって。そのときに3年生とすごくよく一緒にやっていました。

西村雄一さんロングインタビュー《学生編》 (画像 3)

<サッカーを始められたのは?>
 幼稚園です。駒沢公園でたまたまボールをけっているグループがあって、そこに「入れて〜」って言って入って行ったのがサッカーとの出会いなんで幼稚園のときなんですけど。そのときに小学生くらいになって「じゃあ、チーム作るか」ってなって、僕は駒沢FCの1期生なんです。うちのクラブ自体は女子もあるし、高校生も社会人もあって、クラブとしてはいちおう全部のカテゴリを持っているんですけど。そこの審判員でもあったりとかして。レフェリーを始めるきっかけも、指導者やれるチャンスも、駒沢サッカークラブであったんですけど、でも学校サッカーで一回やってみたかったんです。1年間しか所属していませんが。
僕らの学年では、めちゃイケのプロデューサーで有名な中島というのが、僕の同期です。アルバムにいるんじゃないかな?同じクラスでした。実際にめちゃイケを見ているタイミングがなくて、目で見ていないからどうにも自信がないんですけど…これ、だと思うんだ。違う?
<あ、似てますね!今はもっと太ってますけど> 
 中島プロデューサーってのがいるよ、って言われて、「え?あのナカジが??」って感じで。あ、よかったよかった。あってますよね。ここにきて僕も1つクリアになりました。あ、そのページに僕もいますから(笑)言っておかないと。本当に、バラエティに富んだ9クラスで、面白かったですよ。

 僕らのときはギリギリ鉄拳セーフでしたね。僕らもわきまえて受けるし、問題にはならないけど、今は大変でしょうね。
野球部の顧問が僕らのときには有名な人でした。あと、担任は足助先生です。力石徹みたいな先生でした。